TOPはじめに鑑賞の手引き義太夫SPレコード音源集黎明期資料室特集義太夫展示室番付で見る歴史文献室リンク集

            

大枝山人覚え書き

                   


           

平成三十年四月二十八日

七代竹本住太夫逝去

御冥福をお祈り申し上げます。

                   

追悼

    
 四代竹本越路太夫の後、実質的に紋下格を受け継ぎ、平成期の顔となった太夫でした。鑑賞した各公演が走馬灯のように思い出されます。特に時代世話、沼津の平作、佐太村の白太夫などで人生の苦楽を経験した爺は絶品でした。

 この人の生涯のすべてが、戦後の昭和期、そして平成期における文楽そのものでした。また別の見方をすれば、伝統文化としての文楽が、変わりゆく社会や大衆文化の移り気と戦い続けた歴史だったかもしれません。

 御冥福をお祈りするとともに、観客として向かい合えたことに心から感謝致します。

         

2018. 4. 29 大枝山人    


 特集42 編集後記

 特集41 編集後記 特集40 編集後記 特集39 編集後記 特集38 編集後記 特集37 編集後記 

 特集36 編集後記 特集35 編集後記 特集34 編集後記 特集33 編集後記 特集32 編集後記

 特集31 編集後記 特集30 編集後記 特集29 編集後記 特集28 編集後記 特集27 編集後記

 特集26 編集後記 特集25 編集後記 特集24 編集後記 特集23 編集後記 特集22 編集後記        

      

 2010年以前